未病を学び、未病を究める人材の育成

「ME-BYO(未病)」という新しい健康観を現実化していくため、神奈川県の支援の下に新しく誕生した大学院が「ヘルスイノベーションスクール(School of Health Innovation=SHI)」です。

2年間のカリキュラムで、学位として公衆衛生学の修士が取得可能。また講義の多くは英語で行われるなど、特徴のある大学院となっています。

2021年4月からは、「博士(公衆衛生学/Ph.D)」を取得できる博士課程も開設する予定です。

SHIのコンセプト

<次世代のヘルスイノベーターを育成する>

ヘルスイノベーションスクールは、健康・医療分野において社会システムや技術の⾰新を起こすことができる⼈材の育成を⽬指した全く新しい教育研究機関です。

一人ひとりが健やかな人生を送れる社会を築くために、神奈川県の掲げる新しい「未病」コンセプトをベースに、テクノロジーのみならず社会システムにも革新をもたらしていく。それが、新たに誕生したヘルスイノベーションシスクールの使命です。

シェアする